Stageplay

ステージプレイ・ジャパンhttp://www.stageplay.jp/

©2018 Praia K.K. | 77言語を翻訳

We translate to and from 77 languages
禁無断転載 後援http://praia.jp/

音楽、ムーブメント、

ドラマがシェイクスピアの見事な詩の化身となっている稀な芝居体験と言える。
Venue Magazine, England.

痛快なコメディ….驢馬の頭をした恋人のボトム。

その素晴らしい演技を見るだけでもチケットを買った甲斐あり。
Suddeutsche Zeitung, Germany.

とてつもなく広がる空想の世界が心を癒してくれる言わば魔法のプロダクションだ。
Tip magazine, Bayreuth Germany.

世界のどこでも一流の仲間いりができるシアターといえる。
The Observer, Britain.

夏の夜の夢」原語上演(日本語字幕)

公演作品

ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare

原作

ポール・ステッビングズ Paul Stebbings

脚色・演出

Richard Clodfelter, Natalia Cambell, Richard Ede, Gareth Radcliffe, Ali Kemp, Kate Rawson

キャスト

英語上演(日本語字幕付き)

言語

2007年5月14日 〜 2007年6月2日

日本公演

5月15日(火)星陵会館

開場5:30 pm 開演6:00 pm

5月16日(水)武蔵野公会堂

開場5:45 pm 開演6:30 pm

5月17日(木)仙台市民会館小ホール

開場5:45 pm 開演6:30 pm

5月23日(水)京都教育文化センター

開場5:45 pm 開演6:30 pm

一般公演

ブリティッシュ・カウンシル The British Council

シェイクスピア・カンパニー Shakespeare Company

後援

インターナショナル・シアター

カンパニー・ロンドン

(ITCL)

 ロンドンを拠点に、世界で公演ツアーを行い、独特な演出で世界中の観客を魅了しているインターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン(以下ITCL)。今年、5月に28回目の来日公演が実現します。

 今回は、シェイクスピア作品の中でも人気・知名度の高い「夏の夜の夢」を原語上演。長年に渡る海外での英国文学作品普及に追力した功績に対して、英国王室より勲章を受賞したポール・ステッピングが脚本と演出を務めます。

 日本で行われる数少ない原語公演(英語)。日本にいながら、一流の海外演劇を鑑賞できる貴重な機会。原語上演だからこそ味わえる、シェイクスピアの持つ言葉のリズムや雰囲気をご堪能ください。

キャスト CAST

as Oberon,Theseus and Quince

Richard Clodfelter

as Titania and Hippolyta

Natalia Campbell

as Bottom and Demetrius

Richard Ede

as Lysander, Puck and Snug

Gareth Radcliffe

as Helena and Egeus (mother of Hermia)

Ali Kemp

as Hermia and Flute

Kate Rawson

東京公演

武蔵野公会堂(TEL: 0422-46-5121)
 5月16日水曜 6:30 pm 開演・5:45 pm 開場
 (中央線・井の頭線「吉祥寺駅」南口・公園口より徒歩3分)

  Pコード: 376-303

星陵会館(TEL: 03-3581-5650)
 www.seiryokai.org
 5月15日火曜 6:00 pm 開演・5:30 pm 開場
 (東京メトロ赤坂見附、永田町、国会議事堂前より徒歩5分)
  
  Pコード: 376-302

京都公演

京都教育文化センター(TEL: 075-771-4221)
 5月23日水曜 6:30 pm 開演・5:45 pm 開場
 (京阪電車「丸太町駅」より徒歩3分)
  
  Pコード: 376-307

仙台公演

仙台市民会館小ホール(TEL: 022-262-4721)
 5月17日木曜 6:30pm開演・5:45分開場
 (地下鉄/匂当台公園駅下車 「公園2」出口から徒歩10分)
  
  Pコード: 376-308

※ぴあ、ファミリーマート、サンクス,サークルK
TEL: 0570-02-9999
全国統一受付ダイヤル(公演特定可能)

TEL: 0570-02-9988(オペレーター対応電話)
全国統一演劇専用ダイヤル
http://t.pia.co.jp/

学校主催公演

  大学公演主催者(大学関係者のみ)

※開場は開演の30分前

Mon. May 28th, 6:30pm 【字幕】

大阪インターナ

ショナルスクール

(2号館大ホール)

Fri. June 01, 1:25 pm

東海大学

  大学主催公演(関係者及び一般を対象)

※開場は全て開演の30分前/全席自由

(小野記念講堂)入場無料
E-mail: snowden@waseda.jp

Mon. May 14, 4:20 pm

早稲田大学

(盛岡劇場)本学学生以外有料、一般2000円、大学生・高校生500円
前売りはパルクアヴェニューカワトクとフェザンのプレイガイド
当日券あり。予約申し込みはファックスまたははがきにて
FAX: 019-688-5577
〒020-0173 岩手郡滝沢村滝沢字砂込808 盛岡大学英語文化学科
TEL: 019-622-2258

Fri. May 18, 6:00 pm  【字幕】

盛岡大学

(神山ホール)入場無料
申込み・問合せ先:(日本語) bianca@cc.kyoto-su.ac.jp
(英語) agillis@cc.kyoto-su.ac.jp

Sat. May 19, 6:45 pm  【字幕】

京都産業大学

(本学会館)ハイライト版公演 入場無料
TEL: 06-6723-8181 (代)英米文学科事務センター
申し込み
ハガキで大阪樟蔭女子大学英米文学科事務センター宛
〒577-8550 東大阪市菱屋西4-2-26(5月14日必着)

Mon. May 21, 4:20 pm 【字幕】

大阪樟蔭女子大学

中宮キャンパス(谷本記念講堂)入場無料  【字幕】
申込み・問合せ先:072-805-2801(代)国際文化研究所
E-mail: iri@kansaigaidai.ac.jp 
5月1日以降は秘書室 主催:国際文化研究所

Tue. May 22, 6:00 pm

関西外国語大学

(広島女学院大学砂本記念講堂)(旧講堂)入場無料
TEL: 082-228-0386 
http://www.hju.ac.jp/~eng-dept

Thu. May 24, 6:00 pm 【字幕】

広島女学院大学

(西南学院中学校・高等学校チャペル)
http://www.seinan.ed.jp/
問合せ :大学秘書課TEL :092-823-3250
教職員・一般:2000円、大学生:1500円
前売り券は大学生協売店にて発売、当日券あり

Fri. May 25, 6:00 pm 【字幕】

西南学院大学

(神戸女子大学体育文化ホール)入場無料
TEL: 078-737-2320 神戸女子大学英語英米文学科 
E-mail: fujiyo@suma.kobe-wu.ac.jp
問合せ期間:4月12日より5月25日迄平日(10:00 amより4:00 pmまで)

Tue. May 29, 6:00 pm 【字幕】

神戸女子大学

(R館601) TEL: 086-271-8121(人文科学部) 
主催:就実大学人文科学部実践英語学科

Wed. May 30, 3:30 pm 【字幕】

就実大学

(講堂) 一般(本学学生・職員以外)1000円
申し込み: 往復ハガキで東京女子大学文理学部英米文学科事務室まで 
〒167-8585 杉並区善福寺2-6-1(チケット枚数・住所・氏名・電話番号明記のこと)

Thu. May 31, 5:00 pm

東京女子大学

(明星大学シェイクスピアホール)入場無料 
応募者多数の場合は抽選を採用 
申し込み・問合せ先:042-591-5390(明星大学学長室広報課) 
E-mail: dream@meisei-u.ac.jp http://www.meisei-u.ac.jp

Sat. June 02, 3:00 pm 【字幕】

明星大学

International Theatre Company London
インターナショナル・シアターカンパニー・ロンドン(ITCL)
represented in Japan by Ashley Associates Ltd.

ITCL日本実行委員会事務局
株式会社 アシュリーアソシエイツ
プロデューサー: 若林 千絵

あらすじ

アテネの貴族、ライサンダーとハーミアは愛し合っているが、ハーミアの母親から結婚を猛反対され、やむなく二人はアテネに近い「森」に駆け落ちを決める。
月夜の「森」は妖精の王と女王が治める魔法の王国だが、二人は今や喧嘩の真っ最中。ライサンダーの恋敵ディミートリアスと彼への想いが断ち切れないヘレナもこの妖精の「森」にやって来る。妖精パックは王オーベロンの命令で、眠っている女王や四人の恋人たちの瞼に“魔法の花の滴”を塗る。塗られた者は目覚めた瞬間見た相手を恋してしまうという妙薬なのだ。また殿様の婚礼の日、その御前で素人芝居を打とうとする職人たちもこの森に稽古にきていて、機屋(はたや)ボトムは王の策略でその頭をロバに変えられる。目覚めた女王が見たのはこの怪物ボトムで、案の定一目惚れ!ところが、いたずら者でそそっかしい妖精パックは、アテネの若者たちには間違った相手に魔法の滴を塗ってしまい、見当違いの相手が恋に落ちてしまう。めくるめく混乱の中で、四人は森中を彷徨い、疲れ果てて眠りに落ちる。やがて目覚めると……………。